退職理由には裏表がある。

 どんな職場であっても定年まで働き続ける人もあれば、退職してしまう人もいます。退職理由はさまざまですが、医療職の場合には本当の理由と上司や会社に言う理由が実際には全く違うというケースも少なくありません。「親の介護をしなければいけない」「出産や育児のため」「自分の健康問題のため」といった理由が挙げられますが、実際には人間関係や給与の低さが原因となって退職を決意することも珍しくありません。

 中でも人間関係についてはデリケートであり、特に医療職は女性が多い仕事だということもあり、一旦周囲との関係がこじれてしまうと、退職を決意してしまう人も多いと言われています。しかし、ネガティブな理由で退職を行う場合は、そのままストレートに伝えない方が良いという気づかいから、多くの人は当たり障りない退職理由を上げる挙げるようです。現在の職場を辞めても、同じように医療職で再就職をしようとしているときには、尚更退職理由はあまりストレートに伝えない方が良いかもしれません。同業者であれば何らかの接点があり、再就職を目指す職場にあなたの情報が伝わっていないとも限りません。仕事のスキルだけではなく、この職場で上手くやって行けるのかという点も再就職先の担当者は考慮してしまうものです。

 人間関係の複雑さや仕事への不満などは、素直に伝えない方が良いこともあります。もしも、ネガティブな理由で転職を検討中の方は、退職理由には十分な配慮をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です