命を預かる医療職の退職事情

 医療職は離職率が高いと言われています。退職理由はいくつかありますが、具体的には仕事内容がハードであることが挙げられます。医療職にも様々ありますが、その中でも介護職は特に体力的、精神的に負担が大きい仕事と言えるでしょう。なぜなら、高齢者の体位移動や着替え補助、入浴介助など、体力を多く使う仕事を行わなくてはならないからです。また、高齢者の命を預かるため、少しのミスが大きな医療ミスへと発展してしまう可能性もあります。ですから、介護士は常に気を張って仕事をしなくてはいけないのです。

また、看護師同様に夜勤勤務がある場合は、少ない人員で業務を行わなくてはならず、より業務の負担が大きくなるばかりです。夜勤と日勤の混合シフトで生活サイクルが崩れてしまい、体調を壊す人も少なくありません。さらに、退職理由でよくあるのが人間関係です。女性が多い職場のため、女性特有の複雑な人間関係に悩まされることも多いのです。特に夜勤では少人数でシフトを組むため、苦手な人と密接に関わることもあります。大人数なら苦手な人と関わらないこともできますが、少人数だと苦手だからといって避けるわけにはいかないのです。

 これらの具体的な理由から、心身共に限界がきてしまって仕事を辞めたいと考える人が多いというわけです。職場環境を改善したり、うまくストレスを発散したりして、介護士が心身共に健康に働くことが重要ですが、それが難しい場合には、心身が壊れてしまう前に負担の少ない職場に転職をすることも一つの手かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です